読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「世界を変える」に気をつけろ

ブログの力で世界を変える!  なんてことは考えていません。あしからず。

深夜のタクシーで鍋と釜の話を聞く

 

「さっき中目黒まで行ったんだけどさぁ」

久しぶりにタクシーに乗ったら、運転手がタメ口で話しかけてきた。

 

「はぁ」

間抜けな返事を返すと、すぐに話を続けてきた。

 

「二人組の女の子なわけよ。ところがその片方がさ、オナベっつーの?男みたいなカッコしてるんだわ」

 「へえ」

 

「男役?の方はさ、こーんなに髪が短くってさ」 

「そうなんですか」

 

「世の中色んなのがいるよねぇ。俺も色んな客を乗せたけど、ああいうのは初めてだよ」

相づちを打つのに疲れて黙っていると、彼は話を切り替えた。

 

「そうそう、オカマはたくさん乗せたよ。新宿の方とかさ、朝5時くらいに流してると『助手席に乗せてくれない?』って言ってくるんだよ〜。参っちゃうよね。」

 オナベ?の女の子は害がなさそうだけど、オカマさんを横に乗せるのは怖いだろうなぁ。