読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「世界を変える」に気をつけろ

ブログの力で世界を変える!  なんてことは考えていません。あしからず。

Facebookはまだだね:東京IT新聞の事例

話題のFacebook、ユーザーは増えているみたいだけど、ビジネスで使うのはまだ難しいのかな。

たまたま東京IT新聞のFacebookページ(ファンページっていうんだっけ?)を見た。

公称発行部数6万6千部なのに、「いいね!」の数はわずか402しかない。

(2012.02.28現在)

 

ウォールを見ても、記事に対する「いいね!」はほとんどないし、シェアもされていない。

なにこの閑古鳥状態?

 

Facebookの今のユーザー層は、いわゆるアーリーアダプターだといわれる。

ITと親和性の高い人たちが少なくないだろう。

しかも、既にリアルメディアで6万6千人にリーチできている東京IT新聞だ。

潜在的な読者層は大きいはず。

 

きちんとウォールも更新されている。

作りっぱなしという印象は受けない。

 

それでこの状況は何?

いくつか原因は考えられるけど、みんなまだそんなにFacebookを使ってないんじゃないかな。

あと良く指摘されるように、友達との交流には使うけど、企業との交流には興味がないとか。

ディズニークラスになると違うみたいだけどね。

 

ユーザーベースの拡大や、利用方法の発明で状況が変わってくるかもしれないけど、まだ少し先かな。